2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 山の在りか | トップページ | 二色鉛筆 »

2020年12月 8日 (火)

善光寺イルミネーション

12071

上の写真の手前の人物は主人公のように写っていますが連れではありません。知らない女性が不意にフレームインしてきたのです。これはこれでいい写真になりましたが。

 

研修で長野市に来ています。

 

せっかく市街地に宿泊しているので善光寺参りをしてきました。

 

知っていたのではありません。たまたま偶然イベントに出くわしたようなものです。

 

くじ運は全くないのですがこういう当たりはよくあります。

 

12072

本堂の中までライトアップされていて普段は撮影禁止の本堂内もイルミネーションに限りOKなのです。写るのはイルミネーションだけではないのに。

 

12073

煌びやかで賑やかですね、バブルの頃のディスコを連想させます。

ご本尊の如来様の了解は得たのでしょうか。

12074

仁王門もご覧の通り。ムラサキです。

12075

上が「あ」で、下が「ん」。

だったら下が「ム」で上が「キ」でもいいよね。

12076

六地蔵も6人ともムラサキに染まっています。

12077

善光寺イルミネーションは12月5日から13日まで。

表参道イルミネーションは来年3月13日まで。いずれも午後5時から8時まで。

12078

時間を遡ってお昼ころ、表参道 後町あたりから善光寺を望むと、わずかに坂になっていて、意外とそんなところに感動したりするのです。 

 

 

多少、無愛想でシニカルに書きましたが学者村は松本に親和性があり、長野善光寺はいわばライバル。

されどさすが善光寺の歴史文化の厚みは唸らせるものがありますね。感服いたしました。本当です。 (お)

« 山の在りか | トップページ | 二色鉛筆 »

無料ブログはココログ