« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月22日 (火)

弱 雪

01221
朝起きるとこの様になっていて、ようやくこの辺りの冬らしい景色になりました。

 

01222

積雪は事務所のある鈴玲ヶ丘では8センチくらいでしょうか。

 

01223

除雪車が通った形跡はなく、今日はこれ以上降る様子もありません。

 

01224

雪質はフカフカで歩くとギュッ!ギュッ!と鳴ります。

雪だるまには最適ですが道路では圧雪となりやすいでしょう。

 

体感の寒さはそれほどでもありません。気温も日中5度ぐらいまで上がりそうです。

日が射せば融けるのも早いでしょう。 

 

本来なら極寒の真只中。

しかし、張り詰めた真冬の雪というよりは心に馴染む春の雪に近い感じがします。(お)

2019年1月15日 (火)

田淵行男記念館

01141

13日夜、NHK日曜美術館 「まだ見ぬ頂を目指して~山岳写真家 田渕行男~」が再放送されました。

さっそく安曇野市豊科南穂高にある「田淵行男記念館」行ってみました。

放送後の反響はどうですか?と聞くと、そりゃぁもう!いつもの倍以上の来館者ですと恵比須顔の受付爺。

 

01142

さて、田淵行男とはどういう人物? 評価して然るべき努力家。

「出身」というだけで取り上げられる関係性の薄い功労者が多い中で、田淵は人生の終をこの地に選んだ、よそ者でありながら安曇野の地域を超えて偉人になりえた特異な人物です。

01143

(同館パンフレットより)

 

分業の上に胡座をかいた作家気取りの連中とは違う、斬新な発想を率先してただ一人で表現した素人。登山家で写真家で高山蝶の研究家であり、自らの行動を文字に残したエッセイストでもあります。およそ男のダンディズムを強欲に手に入れた羨望の的、ではなかったのか。

曖昧で軽薄、現代風の体の良い「ナチュラリスト」などと冠するのは彼にとって不本意であるに違いないと思うのです・・・まあしかしあくまでも私感。田淵同様この地に長く住んで少しずつ聞き取ってきた彼への印象なのですが。

01144

2018年 山と渓谷社 出版)

安曇野市の図書館では貸出禁止になっている本がようやく文庫化されました。

田淵を知るにはもちろんその写真と文章を読むのが一番です。

01145

(学者村が所有している著書)

01146

(同著書)

巻頭のはしがきです。読めるでしょうか?

01147

(同著書)

01148

(同著書)

田淵の本は高価な値がつく希少本ばかりですがこの本だけは事務所に置いてあります。

安曇野をタイトルに入れた著作は複数におよび、この地に対する思いが伝わります。

01149

 

安曇野市豊科駅前通りを東に行った見岳町の交差点角に田淵の居宅跡があり、この様な碑文が残されています。

「この地史の落し子たちに 安らかな旅をつづけさせねばならぬ」

 

蝶のことだけでなくこの安曇野のことを思った言葉なのでしょうか?

011410

 

011411
その自宅跡そばから見た鹿島槍ヶ岳。あいにく田淵の愛した頂きは雲の中。

ならばと、じっくり彼の足跡を読み、晴れるのを待つことにします。(お)

 

 田淵行男記念館  入館料高校生以上300円

2019年1月 2日 (水)

2019初雪

01021

01022

01023

夜半からの雪でした。(し)

2019年1月 1日 (火)

明けましておめでとうございます

01011_2
今年もよろしくお願いいたします。

穂高町学者村スタッフ一同

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

無料ブログはココログ