« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月25日 (火)

今年最後の1週間です

 今年も早いもので後1週間しかありません。年末年始を別荘で過ごされると言うご連絡を頂いている方が何軒かいます。写真は今朝撮った物ですが道路には雪がない状態です。

12251

12252

 写真と言えば、今は携帯電話で簡単に撮れる時代です。保存した写真をディスプレイで見るだけという人も多くなって来ている様です。メールで簡単にやり取り出来るという事もあり、紙に印刷する事も減って来ている様です。古い時代を知っているだけに、現代では当たり前の事かも知れませんが本当に都合が良くなって来たと感じます。()

2018年12月15日 (土)

寒い日が続いています

 まだ寒中ほどではないのですが、日に日に寒さが増して行く様に感じます。今年の夏は暑すぎる程だったので、どんな冬になるのか心配です。

 

 寒い朝は、車もご覧の様に霜で真っ白くなっており。早めにエンジンを掛け、霜を溶かす必要があります。 

12151

12152

 私の家の近所からの風景ですが、奥の北アルプスの山頂が白くなりはじめる頃から寒くなり始め、この頃一日の最低気温が0度を下回る「冬日」があたりまえ、寒中になると最高気温が0度以下の「真冬日」となり厳しい寒さになります。

 

 未だ道路には雪がなく、車にも影響ありませんが、夜間、意外と静かだったりすると、朝起きたら回りが白かったという事もあるので、夜寝る前に野外の様子を見たり、この時期は特に天気予報も確認する様にしています。()

2018年12月 9日 (日)

暦は師走です

 早くとも、又ゆっくりとも感じる一年でしたが、今年も最後の月が来ました。今年を振り返ってみる時期が来ました。今年はあれもこれもと頭の中では計画を立てても、その1/3も完成出来ていない。まるっきりいい加減な計画ではないにしろ、やはり忘れっぽくなって来ているのかも知れません。紙に書き出す事でその何パーセントかが現実化して来ると言われます。必要な事なのですね。毎年この時期になると思うことです。

12091

 12月も中旬ともなれば、白馬村等のスキー場開きの時期ともなりますが、今年も又雪が降らない状況になっていて延期が予想されます。交通の妨げになるほど降って欲しくは有りませんが、スキー場の関係者に取っては生活の糧になる雪の訪れを待ちわびている事でしょう。今は降雪機を使って人工的に雪を降らせる事も出来る様ですが自然の降雪には適わない様です。

  

 昨年の安曇野には128日に午後から突然雪が降り始め、周りが少し白くなりましたが、年末年始に殆ど雪が降らず、降っても積もる所までは行きませんでした。今年はまだ分かりませんが場所によって適度に降って欲しいと考えます。()

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

無料ブログはココログ