2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月30日 (金)

「峠」と「なでしこ」

11301

事務所の脇、散り積もる枯れ葉の中から一輪だけナデシコが咲いていました。

遅咲きの冬の撫子です。可憐だが寒朝に逞しく。

 

11302

安曇野市林道北沢線の峠です。標高1780m、色づいた山も一夜明けるだけでこの様に変わります。12月から道は閉ざされます。

 

 

 30年を経て安否を知る、撫子のような人だった。

 我は峠をゆく者なり、彼女はこの峠を知らない。 

 

 

2枚の絵をつなぐことができるのはやはり物語です。それぞれの“ものがたり”がたくさんの人に届けばいいのですが。(お)

2018年11月27日 (火)

柴野邦彦2019カレンダー

11271

“今こっちに来ていてもう帰るんだが、ちょっと顔出さないか?”

忍ヶ丘の柴野さんから嬉しいお誘いの電話がありました。

行ってみると変わらない笑顔で迎えてくれるいつもの面々。夏中は忙しくて会えずじまいですまないと、1ヶ月前にはクライミング中に滑落し、右足をぐちゃぐちゃ骨折。金属のパイプを入れボルトで固定、現在松葉杖でリハビリ中。すごいのは、にもかかわらず復帰登山の日程を既に自分で決めている御歳75歳であるところ。

 

11272

 

中房温泉への古道復元を相談すると親身になってアドバイスしてくれます。今回も“全国の遊歩道整備に携わる山渓元編集長の有力者”に私のことを話してあるとの励まし。うかうかしていられません。背中を押されるというよりもケツを蹴飛ばされている気分です。

 

11273

顔が広くマルチプルな才能を持つ柴野さん。今年も来年の素敵なカレンダーを作られました。釣り人であることを第一に称える柴野さんですが水彩画もますます熟練し、透明で何か気配のある仕上がりになっています。

11274

それになんといっても「字」が素敵ですね。この流暢で味のある字が大好きです。カレンダー部分も全部手書きなんです。

 

11275

 

以前頂いた柴野さんの著書「フィッシング・ダイアリー」です。釣りをする人はもちろん、しない人も存分に楽しめます。特に書き下ろしの2編が絶妙なエッセイ集。

 

 お問い合わせは「プロモビス」まで 

11276

11277

最後のこれは自慢になってしまいましたね。

今回は管理人Bも熱狂のあまり少しばかり前に出てしまった様です。 (お)

2018年11月24日 (土)

里山にも白い物が

 安曇野穂高のシンボル有明山にもうっすらと雪が降りました。2日ほど前に夕方から平地ではみぞれ混じりの雨が降った時のものですが北アルプスも大分白くはなっていましたが、いつでも撮れるはずの写真がその後の曇り空でしっかり雲に隠れていて撮る事も出来ません。

11241

 この様な低い山に雪が3回降れば、平地にも降ると聞いたことがあります。こちらでは山の雪の量を見て冬の準備をする様になります。典型的な物として、車の夏用タイヤからスタッドレスタイヤに履き替える様になります。

 

 丁度今頃から来年の3月末頃まで、何時降るか分からない雪に対しての準備をする時期が来ました。今年の夏は暑過ぎる程の気温でした。暖冬でいてくれればと思っていても、どんな冬になるのか想像もつきません。

 

 山には多少降っても仕方ないのですが、この車社会、車の通行や通勤、通学の足元に影響が少ない状態で、春先まで過ぎて欲しい物です。()

2018年11月17日 (土)

晩秋模様です

 11月も半ばになり、今年も残すところ1月半と時間の経過するスピードは同じであっても何か速さの感覚は人それぞれに違いがある物と思います。何かあっという間に過ぎるかと思えば、待つ身になると非常に長く感じるという事があります。

 

 春先に芽吹き、夏の間は緑を濃くし梢や枝等を太陽の日差しから護る様になり木々を覆うっていた木の葉も秋の訪れと共に赤や黄色に色を変える紅葉のシーズンを過ぎると枯葉となり地上に落ち葉の絨毯を作り出す。

11171

11172

11173

 新緑と紅葉のシーズンは気分的にも意気揚々ではあるが、今の風景を見ると何かさみしさがある様に思えますが、自然のサイクルを繰り返し回しているだけなんですね。樹木もしばらく休眠時間に入ります。又、来春も緑の便りを届けてくれる事でしょう。()

2018年11月15日 (木)

秋色コンピ

11151
安曇野の西山の前山の裏側、全面に植えられたカラマツの山。それは壮大なオーケストラ。

 

11152

分け入って逆光の黄葉とササミドリ。オペラのようですか、それともロックンロールですか。

 

11153

里の庭からはジャズィーなナメコ(栽培)がぞくぞくと出始めました。

  

11154

こちらは「ムラサキシメジ」食べられます。ソウルフルなバラードですね。これが出るとキノコシーズンもそろそろ終わりです。

 

11155

古葉の上に毎年降り注ぐ夥しいポップな新曲たち、不思議だと思いませんか。こんなにも溢れている中で一つも同じ曲がないなんて。

 

11156

秋は絢爛に音楽の鳴り止まぬ季節。

 

安曇野コンピレーションアルバム。学者村もその一つの楽曲です。(お)

 

2018年11月 9日 (金)

有明山登山 その3

下山開始は12時30分、裏参道といわれる中房側へ降りるコースです。来た道を戻ろうかとも思いましたが。登りの時の道のりを考えて少しでも楽な方を選びました。北岳から西に伸びる稜線を下ります。

 

1

西側の斜面はシラビソ林が広がり、松葉が堆積した登山道が遠くまで続いています。

 

2

この松葉はシラビソのものではなく、おそらく「ゴヨウマツ」ではないかと思います。

ゴヨウマツは岩山の条件の悪い所にも生えるとか。おかげで尾根筋の道は松葉の絨毯でキレイに飾られている様です。

 

3

最初のうちは傾斜も緩く、林立する木々の木漏れ日の中を気持ちよく歩けます。

 

4

このような岩を見て、一体いつからここにあるのだろうと想像してみたりもします。

 

5

8合目まで下がりました。ここからが急な下り坂になります。

 

6

有明山の登山道は根がむき出しになって地表に這い、とても危険な反面、急坂では良い手掛かり足掛かりになってくれます。気の利いた所にあるものは何人もが触るものですからツルツルになっています。

 

7

生きた木に2本の枯木が寄りかかっています。その内の1本は完全にぶら下がっている状態です。

 

8

確か6年前にここを通った時もこの状態でした。吊るされた白骨死体。例えばこんなことから山の怪談話が生まれるのかもしれません。

 

9

13時頃、2100m付近から南東を眺めてみます。

10_2

もちろんこちらのコースも鎖場やロープはたくさんあります。

 

11_2

2030m、この辺りから傾斜はさらに急になります。

疲れた脚に急な下りはこたえます。片足ずつ一歩一歩慎重に進みます。

 

12

こんな石もありましたよ。

 

13

標高約1800m、気がつけば4合目まで降りてきています。

 

14

沢の音も聞こえ始めました。

 

15

林相もカラマツからヒノキへと変わっていきました。

中房線の道路から約700mの地点、この辺もけっこう急で斜度60%(30度)を超えていました。

こちらの中房側から登る場合、登り始めですぐに急登になるわけですから「裏参道」も侮れません。頂上まで標準3時間のコースとなっていますが、かなりハードな3時間となりそうです。

 

16

最後にはこんな長い梯子に出会いました。

 

17

「三段の滝」近くの道標です。

 

18

「三段の滝」です。

 

19

これが「たる沢の滝」です。ここから有明荘などに飲み水を引っ張っているようでした。

 

20

有明山三段の滝登山口です。振り返ってパチリ!

 

21

14時26分 標高1360m 有明荘に着きました。

歩行距離 8.km 時間8時間16分(休憩含む)

登り5時間ちょうど 下り1時間55分

 

22

まあなんとか生還できました。今回も生かされたようです。改めて有明山に感謝です。

有明荘のお湯は疲れた体に染み渡るようでした。不思議とこのお湯に入ると翌日まで疲れが残りません。中房温泉行き乗り合いバス15時58分の最終で黒川沢登山口まで送ってもらい、一筆の輪ができました。

 

23

晴れていれば頂上からはこのように見えたはず。(2012年)

   

 

【 おまけ 】

 

標高2100mから登頂までを動画に記録しました。

30分を13分に縮めてあります。(お)

2018年11月 6日 (火)

有明山登山 その2

11081
「落合」を過ぎてすぐ、尾根上にこの岩が現れます。もしかしたら名前がついているかもしれません。ロープにつかまりながら岩の切れ目に足を運びます。

 

11071

10時、稜線途中にあるお宮が見えました。

 

11072

11073

標高でいうと1960mくらい。どこの神様を祀ってあるのか私の知識ではわかりません。調べてみる必要がありそうです。

 

11074

この辺りから大岩が露出していてその間を縫うように急登して行きます。

 

11075

梯子やロープを掴みよじ登り抜けたと思ったらまたよじ登る。両足はパンパンです。だいぶ疲れが溜まってきました。周囲を見渡して楽しむ余裕など全くありません。

11076

それでもと岩に取り付いて下界をパチリ!

 

11077

頂上が間近に見えるのですがなかなか距離が縮まりません。

“あれーまだこんなところ?”とか、“勘弁してくれよ~”とか、ぼやきを無意識に連発しています。

11078

ちょっと行っては立ち止まり上を見上げては途方に暮れるのです。

 

11079

10時30分 標高2100mの地点で小休憩。ここから頂上まで、気持ちを奮い立たせて根性をみせます。

高度差163m、距離243mを30分もかけて登りました。ピークを超えてはトラバースし、その連続で最後かと思った先に再び現れる壁に気が遠くなり・・・

110710

11時10分 ようやく北岳頂上に着きました。写真は鳥居の右下から登ってきてお社の前で振り返って撮ったものです。

 

110711

何はともあれ手を合わせて無事の登頂を感謝します。「有明山神社」の奥社は中岳と南岳のものがそうだとしていて。鳥居(鳥居には有明山神社と書いてある)のすぐ横にあるこの社は松川村に里宮がある「有明山社」の奥社であるとの記述を後日、ネットで見つけました。ややこしくて分かりづらいですね。ただ上の写真の右下の看板を見ると松川村の馬羅尾キャンプ場へのコース案内をしていますから松川に鎮座する「有明山社」の社だと察しがつきます。有明山社からすれば馬羅尾のコースが表参道になるわけですから。

 

110712

頂上から大町方面を望みます。

 

110713

北岳の社の裏を通って中岳を目指してすぐに三角点があります。ここが2268.4mの有明山の頂上になります。三角点は2等です。

 

110714

さらに南に向かい、稜線上の大きな岩がこの山の正体を見せています。

 

110715

振り返ってみたところです。

 

110716

中岳の社に着きました。

 

110718

中岳から北アルプスを眺望するもあいにくの雲で見えませんでした。大天井岳のあたりだと思うのですがきっと雪になっているでしょう。時々粉雪がこちらにも舞ってきました。

 

110719

中岳の辺に実はもう一つ社があります。だいぶ荒れています。中岳の社の古いものでしょうか?よくわかりません。

 

110720

そのすぐ隣には大きな平地があって、もしかしたら昔はここに今のものより大きな社があったのではないかと想像させられます。

110721

多くの人がここで引き返すようですが今回はもう一つ南岳のお社までお参りします。

またしてもこのような道をゆくのです。

 

110722

北岳から約500mかかった時間は20分。これが南岳のお社です。

 

110723

参道はここで終わりです。これも「有明山神社」の社のようです。

 

110724

お腹が空きました。南の神様と一緒に昼食にしました。登山での昼飯といえば絶対にカップラーメンと決めています。失われた塩分補充にもなるし、軽いし、なんてったってうまい!からです。

 

110725

北に戻りながら、不思議に思うのは頂上だというのに大きな岩が不規則に重なっていることです。

 

110726

中には下に深く洞窟のようになっているところもあります。

例えれば駒があちこちバラバラに重なっている「将棋崩し」のような状態なのです。

 

110727

アルプスは見えずとも安曇野はこのように見えました。

 

110728

西の斜面を見下ろしてみます。シラビソやツガなどが密生しています。

 

110729

シャクナゲは下から上までずっと目にしました。花の咲く頃はさぞかしきれいでしょう。

 

110730

12時30分、さて北岳のお社に戻ってきました。写真の杖は妙見の滝の流れの中から授かったものです。途中何度も捨てようと思いましたが留まり、離さず登頂を共にしました。ここまで来れたのもこの杖のおかげかもしれません。きっと霊力があるのです。宝剣を納めるように神様にお返し(この時はこの社が有明山神社の奥社だと思っていたので)して、いざ下山です。   つづく  (お)

有明山登山 その1

11061

「有明山」を一人で登ってきました。しばらく仕事に詰めることになりそうで、また雪が降る前にと考えて、飛び込みで行ってきました。ここ数年なんだか無性に登りたくなっていたのですがなかなかタイミングが合わなかったものでして。ですが、なにぶん素人登山ですから遭難やむなし、決死の覚悟でチャレンジしてきました。

今回はその表参道といわれる黒川沢から登り、中房温泉側の有明荘まで抜けました。

11062

10月29日 6時10分。標高854m 表参道 黒川沢登山口 中房線との交点からスタートです。

11063

しばらく行くと表参道の登山口入口に着きました。ここまで車が入れるようです。

 

11064

なかなかちゃんとした看板があるではないですか。

 

11065

最初の内はうるさいほど赤やピンクのテープで目印が細かく付けられていて迷うことはありません。

 

11066

最初に目にした梯子です。現地の樹々を利用した手作り梯子が所々頂上まで続きます。

 

11067

一度沢から離れて再び沢間近を登ります。

2万5千分1の地形図に載っている登山道から大きく迂回して道がつけられています。斜面が崩れて道がなくなったためでしょう。

11068_3

7時40分 標高1380m 。「妙見の滝」に着きました。

 

11069

妙見の滝のすぐ横にはこのような大きな石が沢を塞いでいます。

 

110610_2

その脇を鎖とロープに掴まり、濡れながらよじ登ります。

 

110611

8時ちょうど、大きく崩落したガレ場の先に「白河の滝」が見えてきました。

 

110612

本来白い花崗岩を赤茶色に染めています。「白河」とはイメージが違いますね。ついでに云うと国土地理院の2万5千分の1の地形図では妙見の滝と白河の滝は実際よりずっと上の方に間違って記されています。

 

110613

いつ石が剥がれて落ちてくるかわからない、休憩もそこそこに自ずと足も速くなります。

滝から少し下がった右の崖に鎖が長く垂れていて取り付いて登ります。

 

110614

その先にはこのような石柱が所々現れます。はっきり合目を書いてある標もありましたがこのようによく読めないものもあります。

 

110615

さて、斜度70%を超える有明山一番の急登の始まりです。

 

110616

しばらく行くと岩同士が寄っ掛かりトンネルを作っている所があり、その中を通れと矢印が。

大岩にはスプレーで、立足(たてあし)、嵩下(たけのす)、豊里(とよさと)、古厩(ふるまや)とスプレーで書いてあります。これらは穂高有明の部落(字)の名前です。有明山は里の各地区が持ち回りで維持管理されています。

 

110617

それにしてもなんだか落書きにしか見えません。

 

110618

この穴を通って進みますが急登はまだまだ続きます。

 

110619

さすがに信仰の山です、このような石碑をよく目にします。

 

110620

そして樹林の中に大岩が ぬぅ!と現れるのもこの山ならでは。

 

110621

木の根をうまく利用して梯子を作っています。一箇所を除いて頂上までこのような造作が続きます。現地の木を使うのは搬入の労力が要らず、また高地の成長の遅い年輪の詰まった材を使うことで硬く丈夫で腐らない梯子を作ることができ、とても合理的なのです。実際に古そうに見えるものも、足を掛けてみると芯がしっかりしていてグラつくこともありません。

 

110622

急登中の木々の合間から頂上が見えました。なんと遠いことか。

 

110623

少し緩くなって笹薮が現れ、その向こうの鞍部が「落合(おちあい)」です。

 

110624

里から見た有明山の右の稜線を下げて行くと小さな小山(1904m)にぶつかります。

そこが「落合」といって北から登ってくる松川村の馬羅尾(ばろお)高原からのコースと落ち合う場所なのです。

110625

9時27分 標高1865m この「落合」で一本休憩をとります。

 

110626

落合からみた安曇野です。ここから頂上まで標高差400m。なんだ400かと高を括るも登り始めてすぐにその楽観は悲観に変わってゆくのでした。 つづく (お)

2018年11月 5日 (月)

有明山 Azumino Chisel

11051

標高は2268mと後ろのアルプスの山々に比べて500~600m低く、頂上まで樹林に覆われていますが、安曇野の穂高や松川あたりで一番、存在感のある山はこの「有明山」(ありあけやま・ありあけさん)です。有明山は通称「安曇富士」と呼び習わされているように、正面(安曇野側)から見ればきれいな台形を誇っています。しかし、山というのは見る角度を少し変えるだけで全く違った様相を見せてくれます。ひとたび北の松川村から見上げるとその姿は途端にセムシのごとく前かがみに変わってしまいます。

上の写真は南側、中房線の中部電力第五発電所から見上げた有明山です。頂上はわずかに見えないまでも明らかに有明山の山稜です。里からは見ることのできない有明山の別の顔です。

下の写真は発電所から少し標高を上げた林道から撮ったもの。

正面に対して南の真横からの視点になります。かなりとんがっています。すぐ奥に見えるのは2283mの名もないピーク。さらに奥にあるのが東餓鬼岳だと思います。

ここから見える有明山の左の稜線は有明山の南岳から西に伸びる尾根筋で、これがなければ有明山はもっとエッジの効いた鋭い姿を見せていることでしょう。実際に頂上を南北に歩けばその幅のなさを実感します。

登るにつれ、ますます急峻になる姿は鋭利な刃物そのもの。そんなイメージから私は密かに有明山を“Chisel”(チゼル 平鑿)と名付けています。
11052

Google Earthグーグルアース」を使って上の写真に近いアングルを探してみました。↓

11053

↓今度は東に回り込んで山頂上空より中房川を見下ろしてみます。谷の深さがよく見てとれます。

11054

花崗岩帯の隆起と浸食によってつくられた岩山は有明山に限らず北アルプス全体がそうですが、

折り重なるよう、積み重なるように大きな石たちを寄せて盛ったような不自然な山体をこの有明山は見せています。だからこそでしょうか?神力の宿る霊峰、信仰の対象には充分過ぎるほどのオーラを持っています。(お)

 

11055

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

無料ブログはココログ